過去8年の平均ラップ
32.5-34.9

なんと前傾差2.4秒です。
過去8年中7年が2秒以上の前傾ラップであり、ペースの想定がしやすいレースだといえます。

過去の勝ち馬の共通点は、近走の上がり順位と平坦コース追い込み善戦(そこそこ走っていれば良い)実績。
並べてみます。



勝ち馬
近走上がり順位
平坦コース追い込み善戦実績


2013
ツルマルレオン
前走上がり二位、3走前上がり一位。
小倉1200mで8番手から差し切り。

2012
スギノエンデバー
前走、前々走、共に上がり一位。
小倉1200mで7番手から差し切り。

2011
トウカイミステリー
前走上がり一位、前々走上がり二位。
京都1200mで14番手から5着。

という感じに三頭並べましたが、データはどうでも良くて、本質的には、「いつも後手に回って勝ち切れない平坦コース追い込み善戦馬が、前傾度の増す北九州記念で前進する」というものです。
時計も早いので、近走の末脚のスピード&軽斤量が好走をアシストします。


今年は、ブルーデジャブを狙ってみます。
前走上がり一位、前々走上がり二位、三走前上がり一位で、平坦コースで追い込んで届かずを繰り返しているのもむしろ好感を持ちます。

買い目
単200円
複200円