凱旋門賞 2014 日本馬の勝機は

発走が迫って来た凱旋門賞。
日本馬の勝てるシーンを空想してみます。


・ゴールドシップ
適性面で最もアドバンテージがありそうな同馬。確かに重い馬場にめっぽう強く、持続力もあり、距離適性も悪くありません。しかし、欧州には同馬クラスの持続力を持つ馬が当たり前のようにいます。相手の土俵に乗り込む準備は万端でも、相手と同じ長所で戦うなら強調出来ません。
よって、私はむしろ宝塚記念で見せた中距離的な追走力が活かせる流れ、もしくはマイペースの先行策がハマる形になれば勝機が見えるのではないかと思います。

・ハープスター
後方一気の追い込みで連対を重ねてきた同馬。マイル戦、札幌記念の走りをみる限り、脚を使わされた上での持続力勝負で真価を発揮します。適性距離は1600mから2000mでしょう。
多頭数の凱旋門賞はマイルから中距離的な追走力を活かせない可能性大です。その上、頭数が多いと後方待機策では挽回不可能な差が付いてしまう恐れがあります。
なんとか一団となった馬群を見つつ、緩急の小さいリズムで追走し、フォルスストレートを迎えて欲しいと思います。周りに合わせない競馬に賭けて、勝ちを呼び込むことが出来れば。

・ジャスタウェイ
世界最強馬。失速耐性がずば抜けていて、他馬がどんどん止まっていく流れなら負ける気がしません。こちらも距離適性が心配ですが、レースの動き出しが早くなったり、前半からペースが流れてくれれば距離のマイナスは小さくなりそうです。
私は同馬に一番の期待を寄せています。直線に向かう頃には全馬脚が無くなっているような流れなら圧勝まであると思います。