残り46600クレ。から


キリ・スト「JRAの有馬記念のCMやべーな。『神はいる。そう思った。』・・・って俺のことやないかーい!」


支配人「そんなんどーでもいいから。後、お前神じゃない設定だから。『キリ・スト』って思いっきり変な『・』が入っちゃってるから。」


キリ・スト「そんな・・・。」


支配人「そういえば、お前これでラストだろ。登場するの。」


キリスト「えええええ!?聞いてないよ!さっきから扱いひどくね?」


支配人「分かった。有馬記念の予想をして、資金が増えたら、許してやろう。そしてもう一回登場させてやろう。」


キリ・スト「・・・え。いきなりだな。まあ、予想するのは前々から約束していたこと。・・・よし!当ててやる!」



~~~~~キリ・ストさん馬柱ガン見中~~~~~



キリ・スト「よし!お金がない!貸して!」


支配人「えええ?ふざけんな!誰が、貸すかよ。ていうかなんでお金もってないんだ。なんで「神」が金を借りるシュールな光景をさいげんしなければならないのだ!」


キリ・スト、瞬時に土下座。


支配人「うそおおおお!?土下座はやべーだろおおお!この光景見られたらどっかの団体に俺めっちゃうらまれるだろ!分かった、分かった!200クレ貸してやるから、やめろって。な?」


キリ・スト「いやっほうい!」


支配人残り46600クレ。

キリ・スト残り200クレ。


予想@キリ・スト

単勝

オルフェ 100クレ

複勝

ルーラーシップ 100クレ

残り0クレ。


予想@支配人

3連複

ブエナとオルフェを軸。

ルーラー・トーセン・ピサ・アーネ 各500クレ

残り44600クレ。


キリ・スト「頼む!」


支配人(ルーラーの複勝いくところが、なんか神っぽい。)「俺の金だからな!まじで頑張れよ!」


自分「なにしてんすか、二人とも。仲良くなってません?」


一同「・・・。」



誰かが言った。

「そんなわけねーじゃん。」

やがてそこから笑いが生まれ、有馬記念をみんなで見に行った。

今から間に合う訳ないのに。

しかし、なんらかの力が働いた。

そのとき、キリ・ストは目をつぶってなにかを考えているように見えた。

深く考えるのはよそう。

今は、目の前の馬たちの、勇姿を待つだけだ。