◎ルーラーシップ
○ミステリアスライト
▲ゲシュタルト
△トーセンレーヴ


大穴ツクバホクトオー


コラムで書いたとおり、緩急が小さいペース。今年は前に行く馬が少なく、重(不良)馬場なので、「前半~中盤」を「平均~スロー」の一定ペース、「後半」で「スパート、最後は坂の影響で緩む?」と読みます。

ルーラーシップは有馬記念で見せたパフォーマンスから、キレが強みのタイプと勘違いしそうですが、いままでのレースをみれば平均ペースぐらいならマクッて圧勝していたり、後ろからいかなければほぼ勝ちは決まっているようなものです。行き脚がつかないのは気になりますが。

そしてマイペースに持ち込んでしぶとさを活かすなら、ミステリアスライトが粘りそうです。先行して大崩れしているレースはなく、リッツィースターよりも安定して力を見せそうです。ノリの騎乗に期待。

あとは、緩まないペースで上がりがかかればいつも善戦するゲシュタルト、先行脚質というだけでも有利で持続力があるトーセンレーヴを。

超大穴としてなら、追いきりタイムが良く、ダートの先行力と重馬場を味方につければ粘ることがあるかもしれないツクバホクトオー。


馬単

ミステリ-ルーラー・タルト・レーヴ 100クレ

3連複

ルーラーとミステリ軸で相手タルト・レーヴ・ナカヤマ 100クレ

複勝

ツクバ 100クレ

残り18730クレ