ペースは「去年の南部杯~フェブラリーS」ぐらいと読む。

馬場はパサパサで力が要る。



トランセンドの優位は崩れないが、おそらく力で逆転する馬がいるとすればここになる。

だから本当は◎を打ちたくない。

しかし、圧倒的に1着の可能性が高いのも事実。

プラス

デキ良すぎ。外枠でカーブまでには逃げれそう。番手なら追い立てて前を潰せる。スピードではやや不利なので、時計の掛かるダートは好都合。

マイナス

距離やや短い。短距離馬に先にいかれる。ダノンカモンとはこの舞台で接戦。思ったより人気している。



ダノンカモン



トランセンドが刻むペースで善戦が多い。気性面がゲシュタルトと被るので、ペース速くなってやっと力が出せるタイプ。包まれずに先行できれば、南部杯と同じパフォーマンスを期待できる。



特になし。能力がやや上に比べると劣るかも。



テスタマッタ



東京大賞典はワンダーアキュートに引けをとらない内容。優勝候補と見ても。



かかる。とにかくかかる。外枠。追いきり微妙。



グランプリボス



パワーある走り。坂路で時計出せる。NHKマイルの内容が強すぎて。優勝候補第3ぐらいには。



ダート未経験。中団くらいでお願いします。



注!セイクリムズン

足りないとは思うが、人気がズドーンと落ちたここなら怖さ倍増。近走も力を出し切れていないようで、なんとか3着にきても。



☆エスポワールシチー

力要るダートでは逆転不可能。来ても3着までかな。それならオッズ考えて押さえなくても。秘策は差し?・・・だったら怖い。予想はしやすいけど。



☆ワンダーアキュート

この馬がこの評価じゃダメなのは分かっています。それでも、輸送で馬体減る読み調教軽くする、で結果が出るほど甘いレースにはならないはず。距離も短い。





◎トランセンド

○ダノンカモン

▲テスタマッタ

△グランプリボス

こんな感じです。▲△は逆転のチャンスあります。


もしかしたら○もタイミング次第で。


△は単人気しすぎなので2・3着のほうが狙いやすい。





馬単


15→11

15→16

15→13

11→15

16→15

16→11

11→16

11→13

16→13


各100クレ計900クレ


ワイド


◎-○ 


1000クレ


残り14330クレ





カピバラ「ダノンカモンはなぜ評価されていない?南部杯見直して来い。」