柏手重宝(ひらがな表記が正解かな?)さんのコラム読みました。



枠連 05 - 05 28,260円 29人気

馬連 07 - 08 48,480円 52人気



なんだこの差は。

最初、「アレだろ?あの、ひとつの枠に馬が3頭いて2頭が人気で1頭が人気薄で、結果は人気1頭と人気薄1頭が来てしまうやつだろ?『枠連で買って良かったあ~』っていう声が聞こえてきそうなやつだろ?」

と思ってたんですが。

よく見てみたら、



5枠には2頭しかいない。



え、じゃあ、このオッズの差はなんだ?







自分は意外とオッズ分析・考察を気にしてたりするんで、

2011年の小倉記念でのワイドの売れ方とかにも疑問を持っていました。

1着~3着の人気はこうなってて、



4人気 17番イタリアンレッド

15人気 9番キタサンアミーゴ

8人気 6番リクエストソング



荒れたレースでした。



ワイドが、



9-17(7710円)

6-9(6050円)



という配当でした。



「なんで8人気のリクエストソングより、4人気のイタリアンレッドのほうが配当がつくの?」という疑問を持ちました。

ある程度オッズにはバラつきがありますが、ワイドでは中々見ないように思います。



第一に考えたのが

「同一ファクターによる恵まれ」

「○○組」や「先行2頭」などの同一ファクターにより、9番と6番の組み合わせが売れているのではないかと考えました。

しかし、そもそも距離路線が違う2頭がそのファクターによって恵まれると考える人がいるのでしょうか。

と思ったらありました。

血統から「グレイソヴリン系」「トニービン」という同一ファクターがありました。

傾向からも走り捲くってるみたいですし、この組み合わせが売れても不思議ではないですね。



次に考えたのが、

「単勝過剰人気」です。

複勝の差を見ると、

17番 310円

6番 490円

と、単勝ほど差が大きくありません。



この2点がイタリアンレッドよりリクエストソングが売れていたことの理由となりそうです。








その話で行くと、「同一ファクター」や「過剰人気」が何かしら発生していることになる。

ルーラーシップが過剰人気なような気もするけど、枠連と馬連の差に直接影響を与えた訳ではない。

となると同一ファクターか・・・。

あるにはあるけど、これは絶対違うだろ。



血統「サンデーサイレンス」



そんな有名なファクターで差が出る?

芝で全体的に活躍してるだろ。



次。

感覚的なものがあるぞ!



「長距離路線組」



いやいや、このレースに出てる馬のほとんどが長距離走ったことありますから。





分からない。

そもそも同一ファクターで恵まれたのと枠連と馬連の差は関係なさそう。

なぜ同じことを意味する馬券なのにオッズがこんなに違うのか?っていうのを考えないと。



拍手さんの考察と同じく、ゾロ目ハンターがいたってことになるのか。

いるならば、そのゾロ目ハンターに言いたい。



なんで馬連を買わなかったんですか?

ゾロ目枠連にこだわり過ぎて、馬連のオッズに気付かなかったんですか?







いろいろ含めて、不思議なレースでした。