ロードカナロアが思ったより強かった。サンカルロは強すぎた。高松宮記念の回顧です。



ラップ

12.2 10.6 11.7 11.6 11.7 12.5

34.5-35.8



やや内伸び。



三河特別(1000万下)のペースが「34.5-36.4」で、前傾だが平均ペースぐらいのレースと言える。。

中京1200mの特徴は、テンはそれほど速くないのに上がりがかかること。

前傾だから先行が不利という訳ではない。

時計の遅さから、1400m実績のある馬が狙えると思ったのですが・・・。



◎カレンチャン



ロス無く回る。先行。内伸び。



直線長い。

メモ

安定感抜群。強いので特に書くことが無い。



サンカルロ



上がりのかかるコース。平坦な直線部分でスピード全開に出来た。



内伸び。外枠。差し。

メモ

-の説明がシンプルだが、ものすごい差。直線が300mくらいあれば実力を出せる?勝つにはクビ差を狙いに行かないとダメな脚質。



△ロードカナロア



最内。不利なし。ロスなし。内伸び。先行。



坂で遅れる?(歳の割に大型だししかたないか)

メモ

陣営もそんなに推してなかったし、このくらいか。坂で止まると思っていたが、最後粘っていた。



マジンプロスパーは早めに引き離すレースが良いので、坂からの直線では強みが活きないか。外を通ったロスも痛い。

ジョーカプチーノはついて行けなかった。前にさえいれば粘れると思っていたのだが・・・。



次に注目する馬は特になし。



If予想(もしも、こういう条件、こういうペースならばどういう印を打っていたのか、それを明確に思い出すため(予想の練習兼ねる)の予想。タラレバさえもハッキリさせたい。)

「もしも、外伸びで馬場が乾いていなかったら」

◎グランプリエンゼル

▲サンカルロ

△カレンチャン、ダッシャーゴーゴー、マジンプロスパー、ジョーカプチーノ、ベイリングボーイ





残り8630クレ





クレジットやべーことなっとるぞ、オイ。