神戸新聞杯





まず自分の予想を思い出してみます。


・フミノの大逃げで大波乱、相手ゴールドシップ

・フミノのペースで淡々と

1着!◎ゴールドシップ

2着!▲ロードアクレイム

(カポー以下は安すぎなので消しに)

・メイショウカドマツが中弛みで嵌る、相手ゴールド、ヒストリカル

・カドマツのペースでキレ優位

◎ヒストリカル

▲ゴールドシップ

△マウントシャスタ(2番人気になったので残しました)



複数想定しすぎですが、それぞれ数点なので大して手を広げている訳ではありません。



12.6 - 10.7 - 12.7 - 12.4 - 12.3 - 12.5 - 12.6 - 12.0 - 11.6 - 11.7 - 11.6 - 12.5



ラップ、展開は想定の2つ目になりました。

ロードアクレイムは調教も良いし、血統面からも良いらしいですし、何より夏木立賞が良いので▲に。



隊列は超縦長で、ロングスパートで前を捕らえに行った馬が多いですね。

ゴールドシップは世代トップの持続力で完勝。

菊花賞は極端な超長距離的な流れや、キレの差が響いたりしなければそのまま勝ってしまいそうですね。

弱点は後ろから行くこの脚質。

早仕掛けすれば勝てる、ほど簡単ではないと思いますが…。



ロードアクレイムも後ろからのスパート。



ヒストリカルは雨もマイナス、距離がただでさえ長いという印象なのにスパート戦、パワーもないので坂もマイナス。

もっと末脚のキレ・スピード差がハッキリ出るレースの方が良いですね。

ピッチ走法ですし、スローの小回りは向くと思います。



気になるのがユウキソルジャー。

明らかに仕掛けを遅らせてはいるものの、唯一粘った先行馬です。

菊花賞では人気落ちるでしょうし、覚えておいた方が良いですね。





オールカマー





12.6 - 11.3 - 12.4 - 12.5 - 12.6 - 12.9 - 12.6 - 12.6 - 12.0 - 11.7 - 12.3



馬場の補正を加えても、スローペースでしたね。

3角でペースアップは中山2200mの基本でここもそういう流れになったんですが、上位が先行馬が占めている通り、前に行く馬の負荷はあまり高くなかったように思います。

ルルーシュの人気はともかく、ダコールが人気していたのはちょっと謎ですね。

こういう馬が人気になる限り、妙味のある手はまだ残されているんでしょうね。

サンテミリオンはパワータイプ。

メイショウカンパク、マイネルキッツはどこかで大穴を開けそう。

ユニバーサルバンク、ダイワファルコンはキレ寄り。

ナカヤマナイトの2段スパートを見ることができなくて残念。

あの展開では能力の違いだけで勝ててしまいます。

ヒットザターゲットはちょっと重いのか…。

テン緩めをインコース先行して中盤から上がりにかけてのハイラップを押し切る、そんな勝ち方が出来るかも。





的中!


神戸新聞杯


馬連 100クレ


6-14 52.3倍


残り5280クレと合わせて、


計10510クレ





こうなってくると2週連続で当ててしまうのがカピバラクオリティ。


スプリンターズSもペースごとの取捨を考えつつ予想を組み立てていきます。