イメージは既に出来ているので、まとめです。



まずは展開から。

外国勢は逃げる気がないようですね。

そういうのも含めて、ペースに関わってくる馬からチェックします。



パドトロワ。

底力、スピードともにG1級のものを示しています。

この馬が逃げる形になるでしょう。

凡走した時はいずれも底力、スピードが活かせない流れでのもの。

ラストの急坂さえこなせば好走確実。



エーシンヴァーゴウはスピードがあるので前に行っても、この枠ですから揉まれてストレスが大きいかな、と思います。

指数動向が明らかに去年よりも下がっています。(それでも能力面以外の敗因があったが、前走で衰えを見せたと思われます)



マジンプロスパー。

好走する、しないを繰り返しているのを傾向だとは考えません。

この馬は適度なスピードで淡々と運ぶのがベストで、33秒代前半よりも速いのが当たり前のスプリンターズSでは通用しません。

前走の敗因を元に大事に乗ってきたとしても、掲示板に乗れれば良い方だと思います。

先行までの位置でしょう。



ラッキーナインは中団くらいまで下げるでしょうね。

それでまえのプロスパーが邪魔になる図が真っ先に浮かびましたが、内の4頭の内3頭差し追いこみで有力馬が外枠ですから、去年よりは不利を受けにくいとは思います。



リトルブリッジはダッシュ力があるので中山向きでしょうが、逃げを狙うことはないでしょうね。

逃げた方が1着の可能性は高いですが、善戦止まりでも確実なレースをしたいのでしょうね。



キャプテンオブヴィアスはパドトロワに付いていって外目の2・3番手追走となりそう。



それにカレンチャンが続く形。



一通り見て思ったのですが、前へのマークが厳しいのか甘いのか分かりませんね。

ウルトラファンタジーが楽逃げした時のようなスローは6枠2頭でありえないものの、それに続く馬がどうなんでしょうか。

想定される隊列は、

11逃げ。

内に1・6、その横に7、外を12。

その後にカレンチャンとなりますね。





ダッシャーゴーゴーは「パワー、キレ」は優れているんですが、持続力が無いですね。

上がり3F→2Fに加速が生じないとダメです。

末脚依存型ですが、キレを前半に少し使うことによっての先行策も見せていますね。

差しの位置からキレを使える流れになるかどうかがポイント。



エピセまでは手を広げられません。



サンカルロはキレが全くないですね。

だからこそ、追いこみの位置になるのは必然です。

テン緩めで長く脚を使っていけば…という展開に期待です。

テンで全く馬券圏内に入れないところまで下がってしまう恐れがあるのに注意。

アイビスのアフォードの負け方と同じような。



※ダッシャー、サンカルロともに好走したウルトラファンタジーのスプリンターズSは前者が末脚でキレを、後者は前半の緩さゆえに後半の持続力をフルに活かせての結果だと考えます。



ちょっと気になるのがフィフスペトルなんですが、ラッキーナインよりも後ろになりそう→前が壁に&ラッキーより良い末脚を使わないといけない、という厳しい条件なんですよね。



スプリングサンダーはサンカルロと似ていますね。

末脚のスピード面はこちらの方が(若い分?)上に感じますが、テンで絶望的な位置取りになってしまう可能性があるのはこちらも同じ。





ややハイペース以上で流れた時に勝負になる馬は6頭しかいないと考えています。

カレンチャン、ロードカナロア、パドトロワ、ラッキーナイン、リトルブリッジ、キャプテンオブヴィアス。

この馬達です。

海外勢は分からないから残した訳ではないです。



展開。

11逃げ。

内に1・6、その横に7、外を12。

その後にカレンチャン。



基本的には前に行く馬が安定します。

パドトロワ、キャプテン、カレン、リトル辺り。



ラッキーナインは前に行こうという発言どころか、脚を溜めたいと陣営がコメントしていますね。

せっかく去年スピードを見せたんですから、不利を受けないように先行するのが、中山1200mの最善だと思うのですが。



ロードカナロアは前走の2着が非難されてましたが、ココを見据えての競馬が流石でしたね。

前傾で走って早仕掛け。

今まで見せたことのない一面でした。

中山1200mに対応できる能力はあると思います。

大外がやや割引。



リトルブリッジは中途半端な競馬になる…というか、そういう作戦なんでしょうが、それで2・3着に好走というのは十分考えられます。



上位馬での調教高評価はカナロア、パドトロワ、キャプテン、リトル。



日本勢ワンツースリーのオッズを見ると、パドトロワが頭に来ないと安すぎですね。

少しパドトロワと海外勢の評価を上げます。



以上を踏まえての予想は、



◎パドトロワ

○カレンチャン

○リトルブリッジ

○キャプテンオブヴィアス

▲ロードカナロア

▲ラッキーナイン



となります。





フィフスペトルについて。

「ラッキーナインよりも後ろになりそう→前が壁に&ラッキーより良い末脚を使わないといけない」という考えですが、もしも「ラッキー、マジンと同等の位置+不利を受けない+平均ペース」という条件が揃えば好走も有り得る、というか結構高いと思われます。

ただ、インがら空きならラッキーナインは突っ込むでしょうし、ロスなく運べるとも思えないんですよね。

そういう評価をしています。





あ!

ロードカナロアは先行策を示唆するコメントを出してますね。

セントウルSからの成長曲線が描けていれば好走確実ですね。





土曜の芝。

思ったより内有利で、4角で3番手以内の馬が1頭も好走しないということは有り得ない。

大外から差すタイプは間違いなく間に合わない。

インで怖いフィフスペトルも位置取り、技量、経験でラッキーナインに先を行かれる可能性が高い。



展開。

パドトロワ逃げ。

内にマジンプロスパー、その近くにエーシンヴァーゴウ、その後ろにラッキーナイン。

リトルブリッジが1頭分外の2・3番手を追走。

キャプテンオブヴィアスは無理をせずに、それでもスピードはあるからリトルブリッジの近く(やや後ろ?)。

その後にカレンチャン。

そしてカレンチャンを見据えてロードカナロア。

その内にダッシャーゴーゴー、エピセアローム。

ここまでで10番手を占めます。

掲示板もこの馬たちで占めるのではないでしょうか?





となると3番以内候補は、

パドトロワ、リトルブリッジ、マジンプロスパー、エーシンヴァーゴウの4頭(キャプテンオブヴィアスも含める?)ですね。

スピード、底力の裏付けが無い馬が脱落するので、やはりマジンプロスパーはテンからキツいと感じるはずだ。

逆にエーシンヴァーゴウはロスなく回ればなだれ込むことはあると思う。

パドトロワの本命、リトルブリッジの優位は変わらず、ヴァーゴウが加点される形。





最終結論


◎パドトロワ(展開利、能力の裏付け有。負荷の大きな展開にならない限り好走確実)

○リトルブリッジ(ダッシュ力を活かして)

○キャプテンオブヴィアス(あまりにも人気が無いので妙味補正して)

▲カレンチャン(デキを戻して)

△ラッキーナイン(インを突いて)

△ロードカナロア(前傾ペースへの成長曲線を描いて)

△エーシンヴァーゴウ(ロスなくストレスなく回って)





ヴァーゴウ、キャプテンともに期待はしていますが、先行勢が固まったまま決着するのが一番好走しやすい展開でしょう。

それでいてペースはやや速めだと考えていますから、上位4頭とヴァーゴウがそのままなだれ込む、さらに言えば掲示板を独占するような展開がイメージできますね。





となるとイン有利が強調されるのは道理で、外を回る馬は厳しいはずです。

「はずです」と弱気なのは、ロードカナロアがどこまで成長曲線を描けているか分からないから。

この舞台で全くキレに頼らずに好走できるようなら、ダッシャーゴーゴーはいったい何をしていたんだという話になりますね。

単純に能力、適性の差なんでしょうが。





ちなみにエピセアロームが説明不足ですが、前走はキレに頼った部分があっての好走で、今回は外を回されて一気に流れるペースを走らないといけません。

ロードカナロア以上の成長を見せないとダメで、確率的に厳しいと思われます。

斤量は怖いですが、あくまで「能力の裏付け有+斤量」のタイプしか重賞では活躍していません。

リアルインパクト、アイムユアーズのような馬でないとダメです。

ビウイッチアスが好走できなかったように、斤量と性別だけで能力が見えずに人気しているタイプは今後とも狙う場面はないと思います。





買い目


パドトロワから印

馬連

05-11 90.6

06-11 204.5

11-12 309.2

馬単

11→14 29.7

11→16 39.2

リトルからキャプ、カレン

07-12 374.1

馬単

07→14 53.8

カレンからキャプ

12-14 188.2

パド&リトル

11→07 113.3

07→11 124.2

三連複

07-11-14 52.4

07-11-16 83.3

05-07-11 281.3

06-07-11 1031.0

07-11-12 1421.8

ワイド

07-12 95.7 98.8

11-12 100.1 106.0


計17点