①ペースやや緩むコスモセンサー<ガルボ

②ペースやや速いコスモセンサー>ガルボ

という図です。



フラガラッハは極端なペースになって欲しいところ。

ハイペースかドスローで出番がありますが、①・②のペースでは勝つことはまずないですね。

なんとか2・3着に滑り込むイメージ。

あ!極端なペースになればダンツホウテイの出番ですね。

マイル組の能力が微塵も活かせない流れでフラガラッハ-ダンツホウテイの組み合わせは有りです。

そのペースになる確率は1%もないと思いますが。



中弛みペースならクラレントもあるか。

中弛みならファイナルフォームメンバー間最強かも。

このメンバーの作るペースならゴールスキーが上だけど。

ミキノバンジョーは展開利を受ける…受けやすい立ち回りをして受けることで穴を開けてきた。

今回は一線級のマイラーが出てるので…。



①のペースがプラスになる馬を挙げて、序列を付けると、

ガルボ>スマイルジャック、ダノンヨーヨー≧ゴールスキー、ヒットジャポット(調子やや不安も)≧ファイナルフォーム>クラレント、ダローネガ、セイクレットレーヴ、スピリタス(キレ>持続型差し、東京だと流れはプラスでも展開利を受けにくく底力の無さ、持続力の薄さが弱点では? 恵まれても3着までと考えます。)

これにペースがプラスにならない馬も加えて、



①やや緩めのペース

◎ガルボ

▲スマイルジャック、ダノンヨーヨー

△ゴールスキー、コスモセンサー、ヒットジャポット

☆ファイナルフォーム、フラガラッハ



となります。



逆に②がプラスなのは、

コスモセンサー…以上。

ということは1頭だけ適性を持っている=流れさえ嵌れば勝利、の図式が成り立つため、単勝や馬単の狙いが立て易くなります。



②やや速めのペース

◎コスモセンサー

△ガルボ、ダノンヨーヨー



となります。





①の最終結論


◎ガルボ

▲スマイルジャック、ダノンヨーヨー、コスモセンサー

△ゴールスキー、ヒットジャポット

☆ファイナルフォーム、クラレント







単勝

9 5.9

馬連

03-09 30.6

09-13 42.6

09-18 50.7

09-14 94.4

09-11 163.6

馬単

09→08 27.5

三連単

09→08→13 242.4

09→13→08 355.5



8 5.2 200クレ

計1200クレ





残り3110クレ