~クラシック路線振り返り~





ゴールドシップに逆転出来そうな馬を探してみたものの、ユウキソルジャーがちょっと良いかな?というぐらいで、昨年のトーセンラー(逆転は叶いませんでしたが)並みに「先行してラストで更に伸びて有力馬を負かすぞ!」というレースを経験している馬が少なかった。


なので、各馬を評価していって、その馬の個性が最大限恵まれた流れで逆転出来るかどうか考えることにする。



この世代のハイレベルレースはダービー、皐月賞。

次に京都新聞杯、セントライト記念。

以下キーレースが数個といったところ。

3000mのラップだけではどーにもならないレースですので、ここらで距離延長への資質を見せた馬やらを総合的な判断で評価していきます。



ビービージャパン、ニューダイナスティの大逃げも考えられますが、秋華賞で紙一重のペースコントロールを見せた内田騎手ですので、淀の坂の上りの更に手前で位置を押し上げることも可能でしょう。

「タブーは人が作るものに過ぎない」

の言葉は穴馬だけではなくゴールドシップにとっての追い風でもあるのかもしれません。





まず皐月賞。

この時ゴールドシップからディープブリランテを本線、コスモオオゾラ、グランデッツァ、アーデントを相手にしていた記憶があります。

それだけに、最初の落馬しそうなアクションでもっとロスしてくれなかったんだ…とか無茶苦茶なことを考えてしまいましたが、ワールドエース強すぎ、福永騎手はもっと強気の競馬をしても良いのでは?と思いました。

コラムで「上がり3位以上キープ馬が良い」(=末脚の安定感、持続力の証明)と書いた訳で、読み通り上がり1位だったゴールドシップは菊花賞のメンバーでは数段上。

コスモオオゾラも中々のパフォーマンス、ベールドインパクトはギリギリ評価できる線。



ダービー。

ダービーラップにならんかったら◎フェノーメノが嵌って的中。

上位5頭がそれぞれこの路線の頂点にいることを証明した良いレースでした。

これを半馬身ゴールドシップに迫ったコスモオオゾラはやはり評価出来る。

インを突いたベールドインパクト、外からエタンダール、地味ながら粘っていたトリップが次点評価。



京都新聞杯。

ベールドインパクトは先行力があまり無い。

その代わりに距離延長への資質を見せ、持続力もそれなりに示した。



セントライト記念

前半緩く入って5Fスパート&捲くりという、クラシック路線最大の距離延長適性を見いだせるレースだった。

早い話がスカイディグニティと外を回ったエタンダールとラニカイツヨシが評価できる。



これに神戸新聞杯出来良ロードアクレイムを今回出来良のユウキソルジャーが逆転と見て加える。



ゴールドシップを筆頭に、ベールドインパクト、ラニカイツヨシ、エタンダール、コスモオオゾラ、ユウキソルジャー、スカイディグニティの相手6頭。

多すぎる。

トリップは流石に推し要素が薄すぎ。



好走範囲の広さ、そしてそれがどう重なってくるか考えます。





・調教 1~5の他人の評価気にしまくりの点数。過去と比較して。

4ベールドインパクト

4ラニカイツヨシ

3エタンダール

3コスモオオゾラ

4ユウキソルジャー

2スカイディグニティ



・能力比較(少し距離延長適性込み)

5コスモオオゾラ、ベールドインパクト、エタンダール

4ラニカイツヨシ、スカイディグニティ

3ユウキソルジャー



・脚質(捲くり評価含む)

5ユウキソルジャー

4コスモオオゾラ、ベールドインパクト、エタンダール

3ラニカイツヨシ、スカイディグニティ



点数総合

13ベールドインパクト

11ラニカイツヨシ

12エタンダール

12コスモオオゾラ

12ユウキソルジャー

9スカイディグニティ



全体的な印象でこうなるとは思っていましたが…。

やはりスカイディグニティは一枚落ちますね。

条件を網羅している※は金曜に書いた気がしますが、あくまで低指数でのもの。

スタンスとしては相当な軽視でいこうと思います。

気になる馬は山ほど居ても、席はゴールドシップが来れば2つしかありません。



後は逆転の目を残している馬を。

金曜に調べたの持ってきて、

△ベールドインパクト

△エタンダール

△コスモオオゾラ(体調悪くないようなので「注」解除)

▲ユウキソルジャー

この中で「4Fズドン!」ラップで勝っているユウキソルジャー、京都巧者である程度の位置から捲くるはずのベールドインパクトの2頭はなんとか逆転の目を残していると言えます。





◎ゴールドシップ

以下大接戦。

○ベールドインパクト

▲エタンダール

△ユウキソルジャー、ラニカイツヨシ、コスモオオゾラ



逆転の可能性を秘めているのは、

ベールドインパクト

ユウキソルジャー

エタンダール(前走の位置取りを見直してくるようなので)

の3頭。



スカイディグニティが来るペースならユウキソルジャーは相当厳しい。

ペース面で言えることはそのくらい。





※当日△にビービージャパンを加えました





少し変更します。

ここ2日ぐらい考えましたが、ペースを握るのはニューダイナスティとゴールドシップなんですよ。

実質、逃げているのはビービージャパンでも。

特に、ゴールドシップの捲くりでレースが動きますから、そのペースアップを耐えられるのが最低限好走の条件だと考えます。

だからこそ、フェデラルホール、タガノビッグバンは真っ先に消しましたし、厳しいレース実績のある馬(○▲)を評価しました。

でも、1頭明らかに利を受ける馬を見落としていたと思います。

それがビービージャパン。

そうです、レースが動いた時に先頭に居れば、せいぜい直線手前までは負荷を受けません。

ゴールドシップが捲くるからこそ、捲くらないからこそ、どちらでも利を受けるのは先頭にいる馬なんですよね。

指数は足りませんが、ラップ、血統ともに最低限の裏づけがあるようで、大穴候補の1頭であることは間違いないです。





本線


三連複

01-03-07 97.4

01-03-15 121.5

01-03-04 187.9

01-03-12 231.0

01-03-11 728.2

ワイド

01-03 8.1-8.7 200クレ

妙味決着

馬単

07→01 47.8

15→01 52.9

11→01 310.4

押さえ

ワイド

01-07 6.3-6.7 

01-12 9.4-10.1

01-11 26.7-28.5

計1300クレ





残り1810クレ





支配人「残クレやばいことになってますが」


自分「それフラグですか?ありがとうございます」


支配人「プラス思考か」