◎カレンブラックヒル

○フェノーメノ

▲ルーラーシップ

☆エイシンフラッシュ





カレンブラックヒル

デキ良。

スピードに特化している訳でもないのに先行力があるのはダイワスカーレットを彷彿とさせますね。

NHKマイルカップのパフォーマンスは緩急に強い逃げ馬だからでは?なんて思っていましたが、毎日王冠のレース振りと合わせて考えると、「いやいや、これは相当な馬だ」という評価に変わりました。

そもそも、NHKマイルをよく見てみると、直線向いてから先行馬はどんどん脱落しているんです。

もう200mもあれば、カレンブラックヒルの2・3には間違いなく追い込みが来ています。

距離延長の資質を示すには十分すぎるほどでした。

毎日王冠はプレッシャーのかからない位置ではあれど、指数を一気に伸ばし、ペース対応の広さを見せました。

全然話は変わりますが、「Tapjockey」というアプリで「センス」の項目を伸ばした時の馬の走りと似ています。

このアプリの「センス」とは、先行力、失速耐性の2つの能力を表しています。

どんな競馬になれど、この2点が有る限りは崩れようの無い馬だと感じます。

メンバー中、3着を外す可能性がもっとも低いでしょう。



ルーラーシップ

宝塚記念は出遅れが痛かった…ですが、大跳びという走法上仕方の無いことではあります。

器用さが無い分、直線の短い競馬場では強引なレース運びを強いられますが、府中はその必要が無く、適性はピッタリです。

しかし、オルフェーヴルの居ないこのメンバーで追い込み一手の馬でも有りませんから、有る程度の位置を取ることになるでしょう。

そうなると、府中2000mのスタートからコーナーまでの短さはキレ(トップスピードまで一気に到達する力)、機動力(動き出しの反応の良さ)に欠ける同馬にとって致命的な不利になる可能性があります。

同馬の性質上どうしても生じてしまう不利をカバー出来るかどうかがポイントになります。

能力全開が叶えば、一番勝利に近いと感じていますが…。

調教は悪くないようで。



フェノーメノ

こちらもルーラーシップほどではないかもしれませんが、不器用な馬。

「ほどでなはい」なら、ルーラーシップより安定感があるんだな、と思われるかもしれませんがそれは違います。

セントライト記念上位の馬が菊花賞で好走しまくったように、セントライト記念における同馬の走りはハイレベルかつ距離延長の資質を見せるものでした。

褒めているようですが、「距離延長の資質」をこれだけのパフォーマンスで見せているわけですから、府中2000mで古馬G1となると距離の短さが響くのではないかと思うのです。

ルーラーシップにとってもほんの少し短い距離ではあるかもしれませんが、こちらの方がそれがよく表れています。

トップスピードの高さは同年代トップクラス。

調教は良いようで。



ダークシャドウ

こちらは距離が長い。

スピードレンジが1800mに向いています。

ドスローだったり、時計勝負だったりならむしろプラスなんですが、雨が降ると…。

カレンブラックヒルの距離延長を不安に感じるなら、同馬は消しに近い評価にしなければなりません。

とはいうもののスピード持続力、底力、キレはメンバー間上位であることは間違いなく、評価を下げるまでに留めたいところ。

調教は悪くないようで。



後は…。

トーセンジョーダンは状態面がまだまだ。

ナカヤマナイト、トランスワープ辺りは穴人気で買える立場ではありません。

ジャスタウェイは距離が短くカレンブラックヒルとの差は開くばかり。

案外、トゥザグローリー、エイシンフラッシュ、アーネストリーといった衰えを見せた古馬勢が穴馬としての資格があると思われます。

ただアーネストリーはストリングポイントのスピード持続力に陰りを見せていますから…。

これがハイペースの前哨戦を使えばまだ変わってる可能性は無きにしも非ずだったんですが。

となると、

キレ、失速耐性型差しのエイシンフラッシュ

キレ、底力、パワー型差しで追走に無理があると止まる中長距離のダッシャーゴーゴーこと(誰も言ってないか)トゥザグローリー

の2頭には期待してもいいのでは。



まとめ

・各馬能力全開が叶った時に勝つ可能性が最も高いのはルーラーシップ

・3着以内を確保する可能性が最も高いのはカレンブラックヒル





今回シルポートが逃げるペースがキーになるのは明白。

コメントからはハイペースのいつもの逃げを示唆していますが、どうなんでしょうか。



去年の毎日王冠(スロー)→秋天(ハイ)の動向からしたら、

今年(ハイ)→(スロー)もありえなくは無い。

そもそも毎日王冠は前4Fをグランプリボスにつつかれてのペースですから、単騎で行けそうな今回は間違いなくペースを落としてきます。

問題はどこまで落とすか。

シルポートが単騎で逃げたレースを見てみましょう。



マイラーズカップ

淡々としたペースですが、後ろがついてこなかったからこその好走。

中山記念

淡々としたペースですが、後ろがついてこなかったからこその好走。



主にこのパターンです。

ペースはテンの負荷が大きすぎずに淡々とした逃げ。

スタート先頭に立ったと思ったならペースをややスローにすると考えます。

その後はいつもの11秒後半のラップを踏んでいく形になりそう。

1000m通過は58秒後半から59秒。「58.8-58.6」「上がり34.9」ぐらいでは?(2010年をやや緩くした感じ)

やや後傾の平均寄りペースで、前&インがやや有利。

アーネストリーのようなスピード持続力×底力での好走は考えにくい。

キレでこなせなくもないも、雨のせいで持続力が優位だと考えます。

シルポートは後ろがついてこなければ見せ場たっぷりですね。

とはいうもののカレンブラックヒルの秋山騎手がコーナーで先行力を信じて前に行けばそのままついて来られる事確実でもあります。

ルーラーシップは出遅れたら逆流を受けそう。

フェノーメノはどこかでこじ開けるシーンが必要になりますが、インを突いて出てくれば対ルーラーシップにおける展開利は相当ではないかと思います。

ダークシャドウはキレを使って抜け出すシーンがあっても、持続力の差で他馬にラストでやられるはず。

となると先行力をフルに活かせば崩れようが無く、全体の展開を見て動けるカレンブラックヒルが一番の安定勢力。

他馬がそれぞれに弱点を抱えているなら、ここは迷わず本命です。

次にフェノーメノ、3番手ルーラーシップ。

ダークシャドウは3着まで。



ここまでを基本として穴を探します。



トランスワープの「究極の上がり」は持続力によるものなんでしょうが、低指数だからこそとも考えられますし…。

ナカヤマナイトも指数は足りないも、トラックバイアスを一番受けますね。

3着までならあるかも。

エイシンフラッシュは去年の力があれば2着まで。

フェデラリストは適性が有りそうですが、調子を落として走れる舞台ではありませんから…。

怖いのはインをピッタリ回ってきた時のジャスタウェイ。

持続力は2歳時から見せていましたし、一発を狙う立場なら直線だけ全力で走って飛んでくれば前走と同じ指数をマークしても。

雨は明らかにマイナスですが。



そこまでかな。



シルポート体重管理上手すぎ。





ワイド

04-16 5.1-5.7 200クレ

06-16 5.9-6.6 200クレ

12-16 23.7-25.3 

三連単

16→04→06 72.6

16→06→04 80.5

三連複

04-12-16 70.0

06-12-16 75.0

計900クレ