◎ミヤジエルビス

中京1400mは芝スタートのコース。

そして馬場が水分を含んでいるとなれば、スピードが問われるのは明白。

メイショウロフウの新馬戦は見た目にも指数的にも強い内容だったが、ラップタイムを見れば分かるようにハイラップ対応は疑問。

弱点を突ける馬は、芝スタートを味方に出来る馬だろう。

ミヤジエルビスは2つの芝スタートコースで連対し、冬桜賞で額面のスピードとラスト失速ラップに対応しており、この舞台なら逆転があるはず。



9

単300クレ


残り16500クレ