国内外合わせてスプリントG1を3勝している馬に何を言っているんだ、と思われるかもしれませんが、私は先日の安田記念の勝利を見てスプリンターでは無いことを確信しました。
スプリンターがマイルG1をこなしたのではなく、マイラーかそれ以上の距離に対応できる馬が今までスプリントG1をこなしていたと考える方が、合点がいく場面が多いことから、そう考えました。
戦績を振り返ってみます。

ロードカナロアが注目されたのは京都1200mで連勝を伸ばしている時からでした。
この時からスプリンターとして期待されていましたが、スプリンターとしては少々末脚特化すぎる嫌いがありました。
ですから、私は高松宮記念、函館スプリントS、セントウルSで評価を落とした予想をしました。
高松宮記念は少し内有利な馬場で内々を回る絶好の展開でしたが3着。
函館スプリントSは好位に付けるもドリームバレンチノの早仕掛けによって仕掛けが遅れ2着。
ここで福永騎手から岩田騎手へ乗り代わりとなります。
続くセントウルSですが、私は阪神1200mのコース形態からラップが早くなりすぎないと読み、1番人気には見合わないものの一定の走りは見せてくれるのではと考えていました。
結果は「33.2-34.1」の前傾ラップで仕掛けを早めての2着。
連敗を重ねてしまった訳ですが、それまでに経験したレースと比べると異色の内容でした。
末脚寄りの騎乗から、岩田騎手に乗り代わったことによって早いペースを追走した上で末脚を伸ばす、スプリンターの理想形に近付いたのは間違い有りませんでした。
続くスプリンターズSで私は、
・セントウルSは離れた3番手
・追走ラップが更に早まること
を主な理由としてかなり評価を落としたのですが、予想以上の強さで勝たれてしまいました。
見た目の戦法としては好位から中団の差しですが、前半の追走力は更にワンランクアップしていました。

そして香港スプリントに出走します。
レースでは3番手の外に付け「23.80-21.75-22.94 1:08.49」のラップを追走し2馬身半の完勝を収めました。
日本式のタイムに直すなら「22.50-21.75-22.94 1:07.19」という中々締まったペースで、スプリンターとしての完成を思わせる内容でした。