フジファブリックの存在を知ったのは一年くらい前のことでした。
フジファブリックとの出会いを少し書いてみます。


サカナクションの動画や掲示板のコメントに、フジファブリックと比較してる人が何人かいました。
気になってyoutubeで「フジファブリック」を調べてみました。

「若者のすべて」を聴きました。
歌が下手だと思いました。

「銀河」を聴きました。
歌が非常に下手だと思いました。

なんとも言えない暗さを漂わせているボーカル(志村正彦)と、歌唱力の無さとが合わさって、あまり良い印象を受けませんでした。
もう聴くことは無いかな、とその時は思いました。


また何日か経って、私はフジファブリックのことが気になり始めました。
今度も前回と同じように、youtubeで調べてみました。

「赤黄色の金木犀」を聴きました。
相変わらず、歌が下手でした。
しかし、冒頭のメロディーを聴いた瞬間に、一気に惹き込まれていく感覚を覚えました。
それは、日本人なら誰しもが持っているであろう「和」の感覚に通じるものを感じたかもしれません。
その時は深くは考えなかったのですが、とにかく良いバンドだと思いました。

-------------------------------------

今回、紹介したいのは、聴いた当初に歌が下手だと思った(今はそこまで下手だと感じません)「若者のすべて」。
この「若者のすべて」は、フジテレビ制作のドラマ、「SUMMER-NUDE」でも使用されました。

「SUMMER-NUDE」 バックナンバー #03(番組ページ)
この番組ページの中に、「ラジオから流れてきた思い出の曲」という一文があります。
これが、「若者のすべて」を指しています。
ドラマ中では、主人公が何年も会っていない彼女を思い出して、気持ちが揺らいでしまうきっかけとして使われました。


話は変わって「TEENAGER」のインタビューです。

フジファブリック 「今」を記録した注目のアルバム(エキサイトミュージック)
このインタビューで、ボーカルの志村正彦さんはこのように語っています。

「理想としては、その人が聴いて――いや、その人じゃなくても良いな。例えば、フジファブリックの『TEENAGER』っていうアルバムを、とある男が聴いていたとして、その彼女が「何か彼氏がフジファブリックの何だかって曲を聴いてるな」って思っていて、その何年後かに『TEENAGER』の曲が有線か何かで流れた時に、もう別れてしまったそのフジファブリック好きの彼氏のことを思い出すとか、そうやって何かその人の生活に入ってくれた嬉しいですよね。もちろん、このアルバムは、店頭に並ぶ商品なんですけど、それだけじゃなくて、その人の生活とか記憶に残ってくれたら良いなという。」

この志村さんが話している内容、ドラマ「SUMMER-NUDE」の使われ方とほとんど同じですよね。

何年も経って、別れた恋人を思い出す。
そのきっかけが、フジファブリックの曲だったとしたら、志村さんはこの上なく嬉しかったでしょうね。

このインタビューが掲載されたのは、2008年01月01日。
「SUMMER-NUDE」で使用されたのは、2013年7月22日。

実に5年半以上の月日を経て、思わぬところで志村さんの理想は叶えられていました。
志村さんが亡くなって何年か経ちましたが、まだまだ多くのファンに新たな発見を与えてくれそうですね。

今回はこの辺りで。
追記
こちらのブログでも競馬以外のことを書こうと思います。
上手くいかなかったらもう一つのブログに載せます。