ワイドバッハ
近走の成長は目覚ましい。
ハイペースの消耗戦を追いこむのがベスト。
チャンピオンズCはスローだったが、他馬が少し止まったラスト1Fで追い上げた。
武蔵野S、エルコンドルパサーMは共にテンの早い前傾ラップ。
テン少し早い程度のエニフS、テン中盤少し緩いプロキオンS、中盤少し早い襷ではパフォーマンスを下げているし、平均ペースのポラリスSではキョウワダッフィーに明確な差を付けられたように、成長前にしてもペースが上がらないとパフォーマンスは落ちる。

エアハリファ
武蔵野Sはワイドバッハに少し劣ったが、今度はこちらが1キロ軽いので優位。
アハルテケSは内容はベストウォーリアに僅かに劣るが、少し恵まれればベストウォーリアに先着出来る能力は評価。
芝スタートで流れるレースで好走を重ねているので、1400mでは少し未知数も有る。

ロゴタイプ
ワンペース押し切りの朝日杯はダートっぽい流れですが、芝中距離に対応できる辺りはダート馬なら違和感有り。
わざわざ買う必要は無い。

キョウワダッフィー
ファイナルSは距離ロスで0.6秒くらいは失っており、少なくとも2着評価が妥当。
武蔵野Sは全く見せ場無し。休み明けだとしても、敗因は条件に有ると判断。
プロキオンSはワイドバッハと互角、ゴールスキーよりわずかに上と評価。
ポラリスSではワイドバッハより0.5~0.4秒分上の走り。
端的に1600mは長い。
1400mでペースが流れ過ぎない展開が合いそう。

レーザーバレット
オアシスSは直線で少し他馬に寄られたが影響はほとんどない。距離ロスの面から考えてもベストウォーリアとの0.8秒差は詰まらない。
霜月Sを勝利したジョヴァンニは次走大和Sを4着し、同馬もジャニュアリーSを勝利した。
ジャニュアリーSではメイショウノーベルと互角の走りだが、評価を上げる程度かどうかは判断に困る。
近2走はキレを感じさせる走りではあるが、コーラルSを見る限りエアハリファとは大差が有るし、オアシスSもサトノプリンシパルとの差は簡単には詰められない。

サトノプリンシパル
カペラSでは追走力の限界を見せた。流石にテン33.3秒を3番手ではスピードが足りない。
オータムリーフSはテン中盤と流れて圧勝。テン34.4秒を2番手なら同馬にとって早く無い。
オアシスSはテン早く中盤緩い中弛み戦でベストウォーリアは2頭分外、4角3頭分外を回る形で同馬は2着に粘った。
同斤同ロスならウォーリアとの力量差は0.5~0.6秒は有るが、テンが早かったのでもう少し同馬にも差を詰める余地が有る。ペース込みだと0.4秒くらいか。
東京1400mならテンも過度には早くなりにくい条件で、スピードは足りる。

ポアゾンブラック
マイルチャンピオンシップ南部杯では1頭分外を回ったベストウォーリアに0.6秒差付けられた。力量差的には0.7秒は見込んで良い。
エニフSは力量的には僅差だがワイドバッハ以上の走り。ワイドバッハがパフォーマンスを落としたか。
中距離で好走してきたサトノプリンシパルとは違い、こちらはワンペースで押し切るタイプ。
スピードと底力でメイショウボーラーはこの舞台を圧勝したが、阪神1400mで4戦圧勝していたケイアイガーベラはこの舞台を8着と敗れた。
「ダートスタート」「長い直線」で1400mとしては末脚が要求されるこの条件では、超高速ダートで単騎で行くくらいの条件が欲しい。
エニフSはいきなり高指数を出しているので、適条件なら無視出来ない。

ゴールスキー
ファイナルSを見る限り、キョウワダッフィーとは明確な差がある(一応、スロー後方で追い上げれれなかったという敗因は有るが)。
武蔵野Sではキョウワダッフィーとの力量差は0.2秒ほど。見た目ほどは無い。
エルコンドルパサーMではワイドバッハと互角の走りをした東京1400mに同馬の適性が有り、尚且つワイドバッハも能力全開のレースにはならなかった(原因は適性かも)。
この時のキクノストームとの力量差は0.4秒ほどこちらが優位と判断。
プロキオンSではキョウワダッフィー、ワイドバッハに力量差を0.1秒ほどに詰めた。
書き並べると武蔵野Sが負けすぎに感じるが、単純に「追走力不足」「東京1600mは長い」印象。
東京1400mなら条件ベストでキクノストームと1キロ差ならゴールスキーの優位が上回る。

サトノタイガー
カペラSではハイペースを利したとはいえメイショウノーベル以上に走ったと見て良い。
地方馬だけに適性判断は困る。

キクノストーム
大和Sではジョヴァンニ以上に走ったがレースレベルは低い。
レーザーバレットくらいは走るのかもしれないが、ゴールスキーに先着出来るとは思えない。ゴールスキーが0.3秒ほど失ったら分からないが。

グレープブランデー
武蔵野Sはワイドバッハとの力量差0.3秒、エアハリファとの力量差0.1~0.2秒ということになるが、再度他馬より斤量を背負うので今回は差を詰めれない。

シルクフォーチュン
プロキオンSは最内突いて見せ場無し。
昨年の根岸Sはゴールスキーとほぼ同じようなコース取りで3着。ウォーリアとの力量差は0.6秒はある。
東京1400mなら末脚でそれなりのアドバンテージを確保出来るが、ゴールスキーに先着するとは思えない。

ジョーメテオ
昨年の根岸Sは4角1頭分外を回って直線詰まり気味で追えずという競馬。内が空けば3着争いは出来た。
中央勢が思う以上に地方馬はこのレースに懸けている。
今年も去年くらい走れるならロス無く進めて好走が狙える。
シルクフォーチュンが外を回ってこちらがロス無く行けば、少なくともシルクフォーチュンには先着出来る計算。

アドマイヤロイヤル
アハルテケSにてエアハリファとの能力差は0.3秒くらい。ウォーリアとは0.4秒。
南部杯は1頭分外を回って3着。ウォーリアとの差は0.8秒。
昨年の根岸Sは最内追走で不利無く5着。シルクフォーチュンに劣り、ゴールスキーに先着出来るとは思えない。
東京1600mならともかく、東京1400mは昨年のパフォーマンスも足りない上、近走は衰えを感じる。
プロキオンSは距離ロス大で敗因が有ったが、前走武蔵野Sは負けすぎ。1戦毎に衰えが来ていると見るべき。

マルカフリート
2014大和Sではキョウワダッフィーより力量差0.7秒先着のハイパフォーマンス。
長期休み明けのジャニュアリーSは距離ロスこそ小さかったものの直線で進路変更に手間取った。
レーザーバレットとの力量差0.7秒も、流れに乗っていれば間違いなく差は詰めていた。
1年前の能力に戻っていればキョウワダッフィーには大差付けて先着出来る。
調教良化で1年のブランクも別に怪我をしていたという情報は無く、評価は上げる必要がある。

キョウエイアシュラ
マイルCS南部杯は最内立ち回って4着。アドマイヤロイヤルとの力量差0.3秒。
プロキオンSはそこそこ走っているだけに人気薄なら拾っていいところ。
ゴールスキー、アドマイヤロイヤル、シルクフォーチュン、ワイドバッハに先着するには少なくとも0.3秒くらい恵まれが欲しいが。


メモ:「力量差」というのは、そのレースで「距離ロス」「斤量」が同一だと仮定した場合の差です。私は1キロ当たり0.15秒ほどの影響を与えると考えていますが、これには賛否ありますね。
スピード指数は1キロ当たり0.2秒、南山大学の学生鈴木駿太氏(検索したらpdfファイルがヒットしました)によると牡馬に対して牝馬は2キロで約0.1秒、2.5キロで約0.2秒早く走れるそうです。
「TigerOddsの最終レース日記」というブログによると下り坂の多いコースほど斤量差の影響は小さくなると指摘されています。
他にはマグナポイントという指数では1キロ0.07秒、亀田式スピード指数ではむしろ背負わされる斤量の有意性に注目していますし、一般論として馬体重が大きい馬ほど斤量差が影響しにくいとも言われています。
諸説ありますが、私は1キロ0.15秒を基本として、レースの流れごとに判断しています。直千の59キロはキツいとか、キレ・ダッシュ力が問われるほど斤量差が響くとか。

メモ「詰めれる」「詰めれない」と違和感の有る日本語を使っていますが、「詰められる」としてしまうと可能か受動か分からないので仕方ありません。 

メモ:マルカフリートは1年ブランクがありましたが、怪我との情報は無し。屈腱炎とかだと能力を落とすケースも有りますが、調子悪くて1年休んだ程度では能力は変わらないというのが私の考え方です。