・ステップレース見解

京成杯
内外フラットな馬場。中盤極めて早い底力戦。
キングオブザサンは3・4頭分外。
アデイインザライフは最内。4角では4・5頭分外。


共同通信杯
少し内有利な馬場。中盤かなり緩い中弛みの上がり勝負。
イスラボニータは最内。
ベルキャニオンは最内。

「強い馬がロスなく運べば順当に好走する」というレース。
中弛み戦なので、レースレベルは高くないも、イスラボニータの先行力は大きな武器になる予感。


弥生賞
少し内有利な馬場。テン早く中盤緩んだ5Fスパート戦。
トゥザワールドは3頭分外→(3角過ぎから)2・3・4頭分外。
ワンアンドオンリーは1頭分外→3頭分外。
アデイインザライフは最内→1頭分外。
キングズオブザサンは最内→2頭分外。

トゥザワールドはトゥザヴィクトリー一族の宿命なのか、早仕掛けな気性。どんなレースであっても、自力勝負に持っていくのは王道的だがロスも大きい。もちろん評価は必要。
ワンアンドオンリーは少し仕掛けが遅れたとはいえ、トゥザワールドの捲りに乗じた部分もあるだろう。


若葉S
内外フラットな馬場。テン早く中盤かなり緩い中弛み戦。
アドマイヤデウスは最内。4角では1・2頭分外。
ウインフルブルームは1頭分外。4角では1・2頭分外。

アドマイヤデウスは中弛み戦考察で指摘した「インの追い込み馬」。
このタイプは、距離ロスを小さくしている上、後方で中弛みの緩急をあまり受けないために恵まれが大きくなります。
今回は後方とはいっても、前方に大きなスペースが無かったので緩急を少し受けてしまいました。
しかし、前半脚を使わずに緩んだところで自然に差を詰めることが出来たメリットと、最内を通っていたことを考慮すれば、内容は2着のウインフルブルームには劣ります。
末脚の鋭さには、なかなかのモノを感じましたが。


スプリングS 
少し内有利な馬場。テン早い中弛み戦。
ロサギガンティアは最内→2頭分外。
アジアエクスプレスは1頭分外→2頭分外。
クラリティシチーは1頭分外→(3角から)2・3・4頭分外。
ベルキャニオンは1頭分外→3頭分外。

ロサギガンティアは恵まれ大きく、軽視妥当。
クラリティシチーは強い競馬だが、こういった戦法しか取れないのならそれなりの評価まで。