毎日着るもの
夏も冬も平日も休日もファッションのベースが同じなら、アイテム数を一気に減らせます。
シチュエーションによる変化が少なければ、余計な意思決定をしなくて済みます。

安くて、頑丈で、真っ白なTシャツ。
1枚1000円ちょっとでこんなにしっかりしたTシャツは他に無いと思います。
厚手で透けないので、ジャケット、カーディガン、パーカーといったライトアウターとの相性が抜群。

ユニクロ EZYアンクルパンツ ウルトラストレッチドライEX
2018年に買って良かったモノの2位に挙げたアイテム。
シルエットが良く、ベルトが要らず、ストレッチ性が有り、洗濯してもすぐ乾き、シワにならない。完璧です。

ユニクロ 二ットトランクス
ユニクロの下着はエアリズムも傑作なんですが、私は肌触りを重視してこちらをチョイス。
スーピマコットン、めちゃ良いです。

ユニクロ フィンガーソックス
5本指ソックスは蒸れ、冷え対策になり、スポーツ向きと機能性抜群。
仕事で革靴を履く人に強くオススメします。

ザ・ノース・フェイス シャトルデイパック
洋服ではありませんが、こちらも毎日身に付けるものなので紹介。
縦に長いシルエットなのでシャープに見え、書類やホワイトボード、ノートパソコンなどを入れるのに最適です。


季節もの
ベースファッションが上記の通りなので、季節ものはそれに合わせる形になります。
少ないアイテム数で温度変化に対応することがマストです。

GU ツバヒロストローハット
夏は日光をガードする必要があるので、つばの広い麦わら帽子をチョイス。
麦わら帽子は意外と機能性高いんです。

ユニクロ エクストラファインメリノVネックカーディガン
洗濯してもあんまり傷まないカーディガン。
春秋に着るだけでなく、夏もリュックの中に入れておいて冷房の効いた部屋に入るときに着ます。

ユニクロ ボアスウェットフルジップパーカ
Tシャツにこれを着るだけでかなり暖かい。
フードがしっかりしていて、首回りのシルエットが崩れないのが良いです。

ユニクロ ウールカシミヤチェスターコート
昨年いろんなブランドのコートを比較した結果、購入に至ったアイテム。
シルエット、質感が圧倒的に良い。他のブランドなら27000円くらいで売ってるはず。



靴は数秒で手を使わずに履けるものをチョイス。

無印良品 疲れにくい 撥水スリッポンスニーカー
疲れにくい特徴的なインソールと汚れにくい撥水加工が施されたスリッポン。
スリッポンとしては比較的スマートなフォルムをしていて格好良いです。

ユーピーレノマ ビジネスシューズ スリッポン
履き口に厚みがあるため、テキトーに足だけで履こうとしても傷みにくくフィットしやすいです。
なんで他の革靴もこういうデザインにしないのか不思議に思えてきます。


おまけ
実際にはこれ以外の服も何着かありますが、基本的にはこれだけあれば十分だと思っています。
私服を制服化するコツとしては、アイテムの色を絞ることです。
こんな風に↓

→Tシャツ
→アンクルパンツ、下着、靴、リュック
グレー →カーディガン、パーカー
→ストローハット、コート

ベースの色が決まってしまえば、後は自分にとっての必要条件を並べて、アイテムをパズルみたいに当て嵌めていくだけです。
アイテムの特性を把握して、効率的なファッションスタイルを目指していきましょう!