競馬予想は一年振りですが、有馬記念のメンバー見てると予想したくなっちゃったので予想します。

アーモンドアイ
この馬の一番の強さは、追走力の高さ。
アエロリットが一貫ペースで逃げた2019天皇賞秋、キセキの逃げによりシビアなロングスート戦になった2018ジャパンカップ、ハイペースを外から馬なりで先頭に立った2019ドバイターフ。
1800m~2400mのシンプルなコースでタイムトライアルのようなレースをすれば無類の強さを発揮します。
今回は中山2500mという小回りかつアップダウンの大きいトリッキーなコースのため今まで見せてきた能力とは違うベクトルの能力が求められますが、アエロリットとキセキというペースメイカーがいるためペース面での不安は小さいように思います。

リスグラシュー
アーモンドアイにあってこの馬に無い一番の弱点は先行力。
高い追走力を見せた2019宝塚記念では、スタートはイマイチだったもののゲートから1コーナーまでの525mを利用してジリジリと前に詰めてきました。
先行力の無さをリカバー出来るようなコース形態であればいいものの、今回の中山2500mはスタートして直ぐコーナーであるため、リスグラシューの位置取りは11番手前後になると予想します。
なのでアーモンドアイに先着するのは厳しいかなと…。

サートゥルナーリア
この馬は上位2頭が持つ追走力を持っていなくて、代わりに先行力とキレを持っています。
今回はペースメイカー的な逃げ馬がいるので苦しい気がしますが、想定と真逆の展開になれば上位2頭より前目でキレるので逆転候補に挙げられます。

書いてみて構図が整理出来たので並べときます。
アーモンドアイ 追走力◎先行力○持続力○キレ○
リスグラシュー 追走力◎先行力×持続力○キレ△
サートゥルナーリア 追走力△先行力◎持続力△キレ◎

ペースのアップダウンが小さいほどアーモンドアイ、リスグラシューに有利で、ペースのアップダウンが大きいほどサートゥルナーリアが有利となります。

狙い目と感じた穴馬は2頭。

キセキ
アーモンドアイ、リスグラシューに完敗していますが、シンプルなコースで強い馬と一騎打ちの形になれば逃げ馬が不利になるのは当然。
2018ジャパンカップではアーモンドアイはキセキの背後にいて、2019宝塚記念ではリスグラシューはずっとキセキをマークする形でした。
この強い2頭がキセキの3馬身後ろにいて、尚且つ今度は自分が逃げ馬をマークする形ならどうでしょう?
外枠に先行馬が固まったことで中枠の馬が先行しにくく、スピードのあるアエロリットがスッと逃げる形になりそうな今回はその条件が叶うような気がしています。
2018有馬記念ではスタート後にミッキーロケットに外に張られた上、オーバーペースの逃げを打ってしまったため度外視。
条件好転した今回はアーモンドアイの得意な一貫ペースでアーモンドアイを倒せる唯一の馬だと思います。

ヴェロックス
2019菊花賞は流れたペースを4番手の外から押し切ろうとしたものの、内のワールドプレミアに差された形。
ペースを考えるとワールドプレミアとの能力差はほとんど無く、今回中山2500mで距離短縮&小回り&急坂コースなら馬体的にも実績的にもヴェロックスが逆転する可能性の方が高いと思います。
2019神戸新聞杯を見てもサートゥルナーリアよりキレ無いのは明白。
そのキレ無い馬が、上がり勝負になった2019皐月賞でサートゥルナーリアを差し返そうとして2着したのは、圧倒的な中山適性の証明だと考えます。

○9アーモンドアイ(一貫ペースなら能力上位)
☆11キセキ(条件好転。一貫ペースなら)
☆14ヴェロックス(条件好転)

単勝
11 100円
14 100円
馬連
9-11・14
馬単
11→9
三連複
9-11-14
計600円